金印金印

用語集

お問い合わせお問い合わせ

Global site

close[X]

■ワサビスルフィニルとは
ワサビスルフィニルとは、正式名称を「6-メチルスルフィニルヘキシルイソチオシアネート(6-MSITC)」と言い、本わさびに含まれる芥子油の一種です。
■6-MSITCとは
6-MSITCとは、6-メチルスルフィニルヘキシルイソチオシアネートの略称です。
本わさびに含まれる芥子油の一種です。
■わさびチオヘキシルとは
金印は、「わさび特有の清々しい香り」にも注目し、その機能性を追究しました。その結果、甘くグリーンノートのある本わさびに特有な成分のひとつ、正式名称「6-メチルチオヘキシルイソチオシアネート」新たな機能性を発見し、「ワサビチオヘキシルR」と命名しました。
■ワサビフラボンとは
金印は、いままでほとんど利用されることがなかった「本わさびの葉」にも注目し、その機能性を追究しました。その結果、本わさび葉の有効成分「イソサポナリン」を発見して特許を取得しました(特許第5224770号)。 また、金印はイソサポナリンを高濃度抽出する独自の抽出製法を確立し、そのエキスを「ワサビフラボンTM」と命名しました。
わさび&オリーブとは
金印が開発販売をしている商品のひとつ。
元気をサポートする「ワサビスルフィニル」に、すやすやサポートの「デカペプチド」、すっきりサポートの「乳酸菌」をプラスした、イキイキをサポートするサプリメントです。「ワサビスルフィニル」は、国産本ワサビから金印の特許製法で高濃度抽出しました。
ワサビスルフィニル コラーゲンとは
ワサビスルフィニル コラーゲンとは金印が開発販売をしている商品のひとつです。
消化吸収にすぐれた高純度フィッシュコラーゲンを1日の必要量約1000mg配合(9粒中)。ワサビスルフィニル、ヒアルロン酸、鮫肝油、4種のビタミンなど美の源を凝縮しました。
ワサビスルフィニル グルコサミンとは
ワサビスルフィニル グルコサミンとは金印が開発販売をしている商品のひとつです。不足しがちなグルコサミンやコンドロイチンに、それらをサポートするワサビスルフィニル、オリーブ葉抽出物、メチルスルフォニルメタン(MSM)、ビタミンEをバランスよく配合。スムーズでアクティブな毎日を応援するサプリメントです。
ワサビスルフィニル しょうが・にんにくとは
ワサビスルフィニル しょうが・にんにくとは金印が開発販売をしている商品のひとつです。3つの伝統薬味「ワサビ」「ショウガ」「ニンニク」のパワーに注目。流れをサポートする本ワサビエキス(ワサビスルフィニル)、しょうがエキス、にんにくエキスをバランスよく配合。ぽかぽかな毎日をサポートするサプリメントです。
サンスルフィーとは
サンスルフィーとは金印の化粧品ブランドです。金印の研究陣が、わさびの葉から生まれた新成分「わさびフラボンTM」を配合。肌に安心して使える素材にこだわり、防腐剤、香料、着色料、鉱物油を一切使用しない、ナチュラルスキンケアです。
■きざみわさび
きざみわさびとは、国産本わさびの茎を刻み、あっさりとした醤油漬けにしました金印の商品です。きざみわさびならではの爽やかな香りと、ツンと鼻に抜ける辛味、シャキシャキとした食感が人気の新しいスタイルの「わさび」です。
■わさび(山葵)のサプリ
金印では、長年における独自の研究でわさびのサプリメントを開発いたしました。
ワサビスルフィニルを配合したわさびのサプリを公式通販サイトでも販売しています。
■わさび(山葵)の効能
代表的なわさびの効能として古くから、消臭効果や制菌効果などがあることが知られてきました。金印では独自のさらなるわさびの効能について研究を行っています。
■わさび(山葵)の石鹸
わさびの石鹸とは、ワサビ葉から抽出した新美容で成分「ワサビフラボンTM」を配合した石鹸です。わさびの石鹸は、敏感肌の方や赤ちゃんにも安心してお使いいただけます。ホイップクリームのようなキメ細かい泡が、汚れをしっかり洗い流し、洗顔後もしっとりうるおいが残ります。
■山わさび(山葵)
山わさびとは、アブラナ科、トモシリソウ属でヨーロッパ原産の多年草植物です。ホースラディッシュまたはレフォール、北海道では山わさびと呼ばれます。
■おいしいわさび(山葵)
おいしいわさびは、かたちが良く緑色が鮮やかです。また、香り・辛みが強くズシリとした重みのあるわさびがおいしいわさびだと言われています。
■本わさび(山葵)
本わさびとは、アブラナ科、ワサビ属で日本原産の多年草植物です。
本わさびは、春先に可憐な白い十字花を咲かせます。

世界中にWASABIを発信
世界中にWASABIを発信
  • Endlish
  • Francais
  • 繁體中文
  • ?体中文
English Francais 繁体中文 簡體中文

WASABIの美味しさを世界へ

1970年代末に日本人の平均寿命が主要国の中でトップに躍り出ると、日本食に対する関心が高まり、80年代初頭からアメリカの主要都市で「寿司ブーム」が起こりました。寿司レストランの店舗数は急速に増加したものの、食材供給が追い付かない面があり、粗悪な材料を使った、粗雑な寿司が提供されている傾向が見られました。

このような状況に対し「優良なわさびを全米に供給する」ため、1984年にロサンゼルス(現K.W.I.)に営業拠点を設立し、卸売販売をスタートさせました。当初は外国の方のわさびに対する認知度は低く、「緑色で辛ければ何でも良い」程度の認識でした。
そこで当社は「わさびは日本原産で固有の香辛料であること」、「ビタミンCをはじめとする健康的な成分を多量に含んでいる事」などわさびの特性や、醤油に溶かずネタにつけて食する正統的な食べ方を広める事に注力しました。
それまでアメリカは「粉わさび」が主流でしたが、当社独自の「超低温すりおろし製法」で本わさびの香りと辛みをそのままお届けできる「生おろしわさび」や、テイクアウト寿司・刺身パック等に添付する小袋タイプの商品を初めて輸入する事により消費者のわさび選択肢を拡大させていきました。
2014年には、KINJIRUSHI WASABI INTERNATIONAL Co.,Ltd(米国現地法人)を設立し、米国において「WASABI」を広める営業活動を更に進めております。

海外向け商品のご紹介

海外向け商品のご紹介海外向け商品のご紹介

1994年には、海外事業部を設置し、アジア・オセアニア地域に海外向け商品の輸出を開始しました。また、ヨーロッパでの日本食ブームに対応して2001年には、わさびの啓発活動として、積極的に展示会に出展し、本格的な輸出を開始しました。現在、ロンドン駐在事務所・フランクフルト駐在事務所を配置し、ヨーロッパ地域において営業活動を展開しております。このような活動により、着実に海外市場への展開を広げ、輸出先は世界60カ国以上になっています。
金印グループは、「世界中の食卓にわさび」を提供できるように、「WASABI」の美味しさを世界に発信して参ります。

KINJIRUSHI WASABI INTERNATIONAL CO.,LTD

ロサンゼルス本社

365 Van Ness Way, Suite 504, Torrance, CA 90501 U.S.A
TEL: +1(310)782-8700

ロサンゼルス本社
ニューヨーク支店

2125 center Avenue, Suite 315 Fort Lee, NJ 07024 U.S.A
TEL: +1(310)80-88873

海外営業部

東京本社

GEO Hacchobori Building 3-19-9, Chuo-ku,Tokyo 104-0032,Japan
TEL: +81 (0) 3 3523 4703
foreign@kinjirushi.co.jp

フランクフルト駐在事務所

Bettina Str.30,60325 Frankfurt Main,Germany
TEL: +49 (0) 69 9746 1268
8e3cxcu@kinjirushi.co.jp

フランクフルト駐在事務所

ページトップへ戻る